ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

リユースびんを知ろう!

さて、リユースびんがとってもいい容器だといっても、いったいどんなびんで、どんな良さがあるのでしょうか? 簡単にご紹介します。

リユースびんとは?

リユースびんとは、洗って何度も繰り返し使われるびんのことです。一升びんや、ビールびん、牛乳びんなどが代表例です。例えば、1本のビールびんは一年間に3回、8年程度は使われるそうです。つまり24回も使われるんですね。
他にも、Rマークのついたびんなどもリユースできます。詳しくは、下記のページを見てください。

※リユースびんは「リターナブルびん」や「生きびん」と呼ばれることもあります。

リユースびんの3つの魅力

1.ごみになりません!

洗って何度も使われるから、空の容器もごみではないのです。飲み終わったら軽くすすいで、お店などに返すことがポイントです。

2.二酸化炭素の削減につながります!

リサイクルのように溶かして、再び形を作る工程がなく、洗ってそのまま使えるのでエネルギーが少なくてすみます。上手に使えば、二酸化炭素も削減できます。

3.税金によらない流通システムを持っています!

「びん商」さんといって、空きびんを集めたり、洗ったりすることをお仕事にされている方も活躍されています。京都には、びんを洗う工場もあるので、なおさら、びんがリユースされる仕組みを大切にしたいですね。

買って!返して!リユースびん

非常に魅力のあるリユースびんですが、最近はどんどん減ってきています。びんのリユースの仕組みを支えるために一人ひとりにできること。それは、リユースびんに入った商品を積極的に選んで、返却することなのです。小さなことのようですが、そうした行動の積み重ねが社会を作り、動かしていることもまた、事実なのです。


地図から探す

見たい区をクリックすると、区ごとの地図と回収拠点一覧が表示されます。

全ての拠点を見る

回収拠点から探す

びんの種類で探す

返したいびんの種類を選択して検索することができます。





R500びん


リユースびんの種類について

外部サイトへのリンクです

ゴミゲン・ネット

もっぺん

ページの終端です。ページの先頭に戻る